YouTube チャンネル
運用の課題とは?

Google の巨大なデータセンター上で運用される YouTube はセキュリティ・可用性の観点で非常に魅力的なプラットフォームではありますが、 YouTube チャンネルのコンテンツ管理や運用には以下のような課題が発生します。

コンテンツの管理をどうしよう

作業PC、ハードディスク、ファイルサーバ・・・過去に公開したコンテンツが分散してしまう。

動画やメタ情報の入力がとても面倒

動画を一つ一つアップロードするのは面倒、メタの入力も一つ一つ埋めるのは面倒臭い。

運用コストが意外にかかる

1人で運用するには手間がかかりすぎる・・・かと言って外注に依頼すると必要以上に運用コストがかかってしまう。

DriveTubeで
解決できること

DriveTube をご利用いただくことで、お客様には以下3つのメリットを提供することができます。

クラウド上で一元管理

公開コンテンツは全て容量無制限の Google Drive 上で一元管理が可能です。 作業PCやHDディスクにコンテンツを分散管理する必要はありません。

メタ情報を共同編集

YouTube に公開する動画のメタ情報をスプレッドシートで管理することができます。 Google Drive の共有権限によって、他のユーザにメタ編集をお願いすることができます。

入力工数が削減

DriveTubeを利用すれば複数動画の公開やメタ情報の編集ステップが大幅に削減されます。 動画公開作業者はパズルを組み立てる要領でコンテンツを選択し、公開することができます。

YouTubeとの機能比較

YouTube DriveTube
時限公開
メタの共同編集 ×
複数動画UP ×
アーカイブ ×
字幕 ×
透かし ×
Channelデザイン設定 ×

運用イメージ



コンテンツは Drive に集約

コンテンツ作成者はメール・ストレージサービス経由で、YouTube運用者に動画を転送する必要はありません。 動画・サムネイルは直接 Google Drive 上に直接UPするだけでOKです。



動画メタの共同作業

公開コンテンツのメタ情報は Google SpreadSheet で管理します。 SpreadSheet で管理できるため、複数人のユーザと共同でメタ情報を作成・編集することができます。 作成されたメタ情報は自動的に DriveTube にインポートされます。



コンテンツの公開

YouTube チャンネル運用者は Google Drive にアップロードされたコンテンツや DriveTube に 取り込まれたメタ情報を”公開コンテンツとして組み合わせて”、 YouTube に公開することができます。 この時、DriveTube ユーザは複数コンテンツをまとめて公開することができます。

価格

DriveTube の価格体系は以下の通りです。

初期費用 200,000円
DriveTube(月額) 50,000円(動画20本迄)
動画アップロード料金(21本目以降) 2,000円/本
※ 上記は G Suite Business (5アカウント分の料金)料金も含まれます。

お問い合わせ

資料請求・トライアル等の申し込みはコチラです。